1. HOME
  2. /

  3. NEWS
  4. /

  5. 「CEDEC2024」のレギュラーセッションに登壇いたします

イベント / セミナー

「CEDEC2024」のレギュラーセッションに登壇いたします

コンピュータエンターテインメント開発者を対象とした、ゲームに関する技術や知識を共有する国内最大級のカンファレンス「CEDEC2024」に、弊社エンタメQA部の杉山・熊野が登壇します。

イベント概要

会期  :2024年8月21日(水)~23日(金)
受講方法:現地受講(該当チケット購入者のみ) / オンライン
会場  :パシフィコ横浜 ノース(神奈川県横浜市西区みなとみらい)

セッション情報

過去300件以上の評価実績を通じて分かった、ゲームの魅力的品質向上のためのユーザーレビューの重要性とポイントを解説

  • 場所:第8会場
  • 日程:8月21日(水) 11:10 〜 12:10

セッション内容

ゲーム制作の過程でQAは主に【あたりまえ品質】向上のためにバグを発見し報告しますが、例えバグが0(ゼロ)になったとしても、ゲームそのものが面白くなければユーザーに満足してもらえません。
ユーザーレビューでは様々な調査手法を使ってゲームの【魅力的品質】を『見える化』し、様々な課題を改善してくための方向性を示すことができます。
本セッションではユーザーレビューがいかに重要であるかを示すとともに、具体的な評価方法を解説します。また、過去の評価業務の中での傾向や注意すべきポイントについても説明します。

講演者

AIQVE ONE株式会社
エンタメQA部 第1セクション
セクションマネージャー
杉山 博康

プランナーとしてゲーム業界に関わってから、QAなどを経て約30年。
ゲームメーカーにて企画、制作進行、海外担当等を経て、品質管理部門を立ち上げ、以降はゲーム系のQAを中心に活動。
ゲームデバッグ請負会社にてデバッグ事業部門のマネージャーを担当したのち、ユーザーレビューサービス立ち上げに関与。数年間で300件ほどの評価業務を行う。
2022年現在のAIQVE ONEに入社し、エンタメQA部のセクションマネージャーを担当しつつ、並行してユーザーレビューのサービス拡充や評価業務を行う。
最近ではソフトウェアの魅力的品質向上の取り組みの一環として、ユーザーレビューに関する講義をウェビナーや専門職大学でのワークショップなどで実施。

セッション詳細

https://cedec.cesa.or.jp/2024/session/detail/s6606a6444e817

生成AIを活用したゲーム開発効率化

  • 場所:第11会場
  • 日程:8月21日(水) 18:00 〜 19:00

セッション内容

■ドリコムのAIプラットフォーム活用事例
ドリコムは、10年以上にわたるモバイルゲーム開発の経験を基に、2023年から生成系AIを活用した新しいプラットフォームを導入し、社内での利用を進めています。このセッションでは、AI活用におけるドリコムのビジョンや戦略、AI開発会社とゲーム開発会社間の連携のギャップ、そしてコンテンツ制作における具体的なAI活用事例について詳しく紹介します。また、AIの導入に伴う懸念点や、適切なデータ学習フロー(Human in the Loop)の活用方法についても解説します。

■ゲームテスティングソリューション「Playable!Mobile」の紹介
生成AIを活用することで、自然言語で書かれたテストケースからテスト手順を判断、実行しバグの検出を自動化することで、開発サイクルを大幅に効率化するQA自動化ツール「Playable!Mobile」の開発を行っています。
AIQVE ONEが提供する「Playable!Mobile」について、実際に運営中のモバイルゲームで活用した事例を元にご紹介いたします。
また、先行配信も予定しており、セッション終了後にお申し込みが可能となりますので、是非お問い合わせください。

講演者

株式会社ドリコム
AI事業部 部長
國安 雄

ドイツにてミュージシャンとして活躍後、インターネットの可能性に未来を感じ、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)にエンジニアとして入社。スペインIEビジネススクールにMBA留学後、株式会社ABEJA、株式会社al+にてクライアントのAI戦略、新規事業のコンサルティングを担った。現在は株式会社ドリコムにて「AI x エンターテイメント」 の未来を模索している。過去 JICA エチオピアNINJAアクセラレーションプログラムにて講演。

株式会社ベリサーブ
プロダクトソリューション事業開発部
Playable!プロダクトマネージャー
田中 志弥

1991年生まれ、北海道出身。
Webエンジニア、テックリードとしてWebサービス開発や新規プロダクトの立ち上げに従事した後、2023年7月に株式会社ベリサーブにジョイン。
2024年4月より前任を引き継ぎ、Playable!のプロダクトマネージャーとして奮闘中。
趣味はお酒と温泉。

AIQVE ONE株式会社
QA本部
エンタメQA部 セクションマネージャー
熊野 泰司

前職ではオフィスセキュリティ系の業界でシステムエンジニアとしてQAに携わる。
現在は、テストマネージャーとしてゲーム非ゲーム問わずプロジェクトに関わりテスト自動化を推進している。

セッション詳細

https://cedec.cesa.or.jp/2024/session/detail/s666154cedda7d

CEDEC2024 公式サイト

https://cedec.cesa.or.jp/2024